江東区で資金繰りの相談をするなら税理士へ

今では各経営者の努力だけではなく、行政の援助というものも企業の成長にとって必要不可欠なものとなっています。この点で江東区ではいったいどんな援助が行われているのでしょうか。

例えば江東区では「創業」を対象とした「創業支援資金融資」というものが行われています。この貸付件数というのは平成14年頃からどんどん増加しており今では年間で50件前後の支援が実行されているのです。

創業時というのはどうしても色んなお金がかかってきますし、特に個人事業などは自己資金も限られていますので確かにこれは有益なプログラムであるということができるでしょう。

さらに江東区では中小企業が行う新技術や新製品に関する研究開発に関しても経費の一部を補助しています。この実行件数というのは平成18年くらいから年々増加しており、今では毎年10件以上の認定がされています。

ぜひ経営者としてはこうしたものをフルに活用して会社の資金繰りというものを行っていきたいですね。しかしこうした助成金や補助金などに関して「あまり知らない」とか「手続き方法が複雑だ」と考える人も多いようです。

毎年厚生労働所関連でも色んな助成金というものが数多く発表されています。その多くは業種を問わず利用できるのですが、ほとんどの事業者には知られていないためそもそもの申請件数が少ないという実態があります。

さらにこうした助成金などに申し込むためには会社に一定の環境を整備することが求められます。計画書の提出や報告書の作成というのは確かに煩わしい作業の一つであるということができるでしょう。

ではこうしたことを感じたときにはどうすることができますか。ぜひ利用したいのは江東区でこのような資金繰り対策を得意とする税理士事務所のサービスです。

各種制度の案内から実際の手続きまで一貫してサポートしてくれるので、よりこうした制度により資金を調達することができますね。税理士の仕事というのはまず、クライアントが各種助成金を利用できる状態なのかという診断をするところから始まります。

さらに受給することで発生するかもしれないリスクに関しても教えてくれるのです。税理士は常にこうした助成金事業に詳しいので、近年の法改正で新しく整備された助成金に関しても案内して区てくれることでしょう。

ぜひ資金繰りのことならその道のプロである税理士に相談して、任せることによってより経営者の負担を減らしていくことにしましょう。