税理士としての開業のしやすさ

日を追うごとに様々な職業が生まれています。最近では自宅でもできる仕事が注目を浴びている時もありましたね。

その中には特定の時間に電話をかけるという発信の仕事やいつでも話を聞いてくれる受信の仕事など電話の仕事が多く見受けられました。また個人的には、個人サロンの開業の話も多く見かけている気がします。

このように多くの起業がある中で、新しく生まれた職業ではありませんが起業しやすい職業として時折税理士が紹介されています。

税理士は独立をするか事務所に所属するか企業内の税理士になるかと考え方によって道が分かれるところではありますが起業のしやすさという意味で独立について見てみましょう。

まず税理士として起業するには、事務所を構える必要はありません。事務所を持ってはいけないということではなく、持たなくとも開業はできるということです。

事務所を持つとなると、開業費用は格段に必要となります。デスクや電話、事務用品に配線等、環境を整えることはもちろん立地条件から物件探しもしなければいけません。

開業当初は顧客を獲得することが大変です。通常ならば広告を出したり紹介をしてもらったりして顧客獲得をしますが、開業当初は難しいでしょう。更に他にも人を雇おうとすると、大変さは嵩みます。

ですがこの開業当初の設備を、自宅で賄うとしたら費用はこれほど必要にはなりません。自宅にある机や椅子になるものを使い、電話もわざわざ別に用意することはありませんし
PCがあればそれも用意せずに利用することができます。わざわざ用意するものとしては、会計ソフトや名刺程度でしょう。

他の職業の開業と比較すると、販売業のように商品の仕入れなどもなく前述のように店舗を用意することもないので、開業のしやすさが窺えます。

また、会計事務所を開業した当初は先程も述べたように顧客獲得が難しいでしょう。その間営業をすることはもちろんですが、税理士はそれ以外にも他の方法を使って働くこともできます。

資格を活かして講師となる道もありますし、ブログで税理士について書いて広告収入を得ることもできます。

そこから雑誌のコラムや解説を依頼されるということも考えられます。そしてこのように様々な税理士に関した仕事をするうちに他から紹介された顧客を獲得することもあるのです。

事務所を持っているとその間もテナント代の支払いがありますが自宅開業であればテナント代もかかりません。

もしかすると講師やコラム執筆などからそちらの方面で活躍をするようになるとしても
自宅開業であればシフトがしやすいという面でもメリットがあります。

税理士の独立と言うと難しく感じる方もいるかもしれませんが税理士と言っても多方面で活躍することができるため独立についても一度考えてみて損はないのではないかと思います。