豊島区の金融機関と税理士との関係

皆さんは今「豊島区」で起こっていることをご存知ですか。きっとこのエリアでもうすでに事業を行っているとかこれからこのエリアでどんどん事業を開拓していこうと考えておられる方も多いのではないでしょうか。

今日は少しこの豊島区の「現状」を考えてみましょう。豊島区ではずばり地元の企業支援に今かなりの力を入れています。例えばその取り組みとして信用金庫や銀行と業務提携や協働の覚書を交わしているのです。

これはより地域の経済を活性化し、地元の企業が自由に活動することができるように促す目的があります。

皆さんも会社を経営するならこのような行政の協力などができるだけあるところでそれを行いたいと思うのではないでしょうか。

もう一つ重要になってくるのが豊島区の「税理士さん」をしっかり見つけるということです。

これはなぜそこまで重要ですか。いくら行政が金融機関との連携を強めても、融資を実際に受けられるかどうかというのははっきり言ってこの税理士さんの働きにかかっています。

皆さんは実際にこのような融資の手続きを金融機関などで行ったことがありますか。きっとそれは一筋縄ではいかなかったことでしょう。

時代はまだまだ予断を許さない不景気ともいえる中にいますので、金融機関も「貸し渋り」をしたり、チェックというのも当然ながら厳しくなるからです。

豊島区の税理士の中にはこのような金融機関との交渉を代わりに行ってくれるというサービスを提供している人がかなりおられます。

金融機関が要求する事業計画の作成から実際の交渉まで税理士さんがやってくれるので経営者はそれを任せて本業に専念することができます。

また「税理士」という社会的信頼のある人を仲介役にすることで金融機関からの融資審査が下りやすいということも覚えておきましょう。

「税理士さんがそこまでいうのであれば」と考える金融機関の担当者が多いということです。では豊島区で実際にこのような頼りになる税理士さんを探すにはどんなことが必要になるでしょうか。

まずは税理士さんのプロフィールや事務所のホームページをみて今まで企業の資金ねん出や管理をどれくらい行ってきたのかその「経歴」を具体的に色々チェックするようにしてください。

特に長年この豊島区で税理士活動を行い、金融機関からの信頼が厚い事務所などと顧問契約を結ぶことができればベストであるということができますね。ぜひこの点でしっかり確認してみましょう。